30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み

仕様(洗面所①)

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


今回は洗面所についてです。


洗面台はLIXILのL.C.を採用しています。

採用した理由としては、ビルトインですっきりしていて、掃除しやすいからです。今まで住んでいた賃貸のようなチープ感もなく、デザインも好みでした。



L.C.の一番の特徴は、上記に書いたように掃除のしやすさです。

また、バックガードがミラー下まであるキレイアップカウンターは、凹凸がないので、飛び散った水滴もサッとひと拭きできます。



また、上から水が出るキレイアップ水栓は、水栓まわりに水がたまることがないので、拭き掃除の手間がほとんどありません。
これはLIXILの特許らしいですね。

水ハネの少ない微細シャワーは従来比20%の節水ができるみたいです。


ホースも使いやすくて、朝髪の毛を濡らすのも問題ありません。



お湯と水を切り替えるエコハンドルはクリックにより分かりやすくしています。


排水口は、「新てまなし排水口」。
髪、ゴミを確実にキャッチし、水はけのよい形状です。


ミラーは三面鏡で照明はLEDを採用。LED照明のデザインがスタイリッシュで良かったです。


ベースキャビネットは、引き扉、開き扉を組み合わせたタイプにしています。掃除用品・シャンプーの替えなどと整容用品を分けることが出来て便利です。


色はクリエダークを選択。木目調ですが、引き締まった色合いです!



掃除の行いやすさで1年以上経ちますが奇麗に保ててると思います。また、洗面ボールの形がベビーバスを入れるのにちょうどよく、水栓が上に付いているため流すのも便利でした。赤ちゃんの沐浴時期にはとても重宝しました。



次回に続く。


下のボタンをポチッとお願いします。

全身浴と半身浴

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


今回は全身浴と半身浴について調べたことも含めた記事にします。


よく昔親から言われましたね。
「肩まで浸からないと温まらないからダメだよ」


これって本当なんでしょうか??



肩まで浸かること(全身浴)に関しては諸説あります。肩まで浸かることで浮力が働き、リラックス効果がある!という意見が最近ありますね。
肩まで浸かると腹部、胸部に1000kgの圧がかかることにより、心臓に負担がかかる!半身浴が良い!などなど…



日本温泉気候物理医学会雑誌より
以下抜粋


「入浴において全身浴は半身浴に比べ身体への負担が大きいことが啓蒙され、半身浴が高齢者や若年女性に受け入れやすい習慣となってきた。
健常女性10名を対象に、半身浴による生理変化を検討した。
40℃、30分間の単回半身浴では、皮膚血流量の増加、舌下温の上昇、心拍数の増加、血圧の下降など単回全身浴(40℃、10分以下)で報告されているのと同様の生理変化がみられた。
また、心拍数の増加は報告されている全身浴における変化よりも緩慢で、半身浴の安全性が示された。
半身浴の継続により半身浴中に皮膚血流が増加しやすくなった。また、安静時のエネルギー消費量が一日当たり平均約200kcal増加した。
温熱刺激の反復により、入浴中の末梢血流の増加促進及び基礎代謝量増加が起こる可能性が考えられた。」



全身浴では短時間で生理的変化が起き、半身浴では全身浴よりも3倍の時間で同様の変化が起きた。心拍数の増加は全身浴よりも半身浴の方が緩慢であり、半身浴は安全だ!という内容の論文です。


また、肩まで浸からないと温まらないという内容は印象論であり、実際には半身浴の方が基礎代謝量増加に伴う、熱産生が起こりやすくなります。


よりたくさんの体熱を発生させるためには代謝をよくする必要があります。
そして、代謝によって生み出された熱エネルギーは、血液に乗って全身に運ばれます。
これにより全身が温まります。
これが冷え性対策において、まず念頭に置くべき基本的な知識です。


つまりは
・全身浴≠体の中から温まる


・半身浴=体の中から温まる
ということになります。


ただし、半身浴は持続的、そしてある程度継続的に行うことで効果が現れます。


高齢者(特に心疾患の既往がある方)や、冷え性で悩んでる方はぜひ半身浴が良いと思います。



エコで体にも良いと言う意味では半身浴はおススメです!




ちなみにヨシローは長風呂は不得意です。妻は長風呂が好きです。
妻の方が半身浴の恩恵を受けそうですね(^^)



次回に続く。



下のボタンをポチっとお願いします!

仕様(浴室③)

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


浴室の続きです。ダラダラ書いてたら長くなってます…申し訳ありません(*_*)


まず浴槽です。

キレイ浴槽はオプションとなる為、外しています。まあキレイ浴槽でなくても毎日ちょこちょこ掃除しているので綺麗が保たれてます。


浴槽は1600ロング浴槽を採用。



ラインアップの中では1番底面長辺が最も広いタイプになります。


理由はただ単に…足を伸ばして入りたい!


賃貸の時は足を伸ばして入ることが出来ず、とても窮屈でした。



この1600ロング浴槽は広い分、水道代のことを言われます。


・ロング浴槽

横最大712㎜

縦最大1501㎜

容量(満水)317ℓ

容量(70%)201ℓ


・エコベンチ浴槽

横最大686㎜

縦最大1456㎜

容量(満水)260ℓ

容量(70%)157ℓ


満水、70%ともに50ℓ近く差があります。

1年で1万8250ℓ


ロング浴槽57.5杯分(満水計算)です。

とてもエコではないですね。笑


せっかくの注文住宅!ここぐらいは贅沢させてくれということで妻と話し合い採用しています。


ちなみにヨシロー宅では、ロング浴槽の約50%の160ℓで入浴しています。いわゆる半身浴ですね。


全身浴と半身浴については色々意見があります。

このことについては次回の記事で詳しく書きます。



カウンターはワイドを選択。

理由は特になく、見た目で選びました。



2017年3月からは丸洗いカウンターがアライズの標準になってます。

羨ましいです。


色は浴槽、カウンターともにホワイトを選択。



アクセントパネルを一面のみ選べるということで妻と協議して、

鏡面パネルの組石グレーを選択!!

(LIXIL HPより引用)

こんなイメージですね!!


鏡面パネルは天然石や木目を再現した柄や、曲線を重ねた優雅な柄など、豊かな表情を持った光沢のあるパネルです。


夫婦ともにこの色はお気に入りです!

妻と趣味が合って良かったです。笑


キレイドアに関してはまた後々記事にしようと思っています。



次回に続く!



下のボタンをポチっとお願いします!