30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み

室温の変化

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


5月序盤から中旬にかけて曇り、雨の日が多く、太陽光発電量が去年比で減少しそうでテンションが下がっております。
しかし、中旬から晴れの予報が多くなり、ここからの巻き返しを期待しています。


5月の気温は暑い日、ムシムシした日が続いていました。
5月史上最も暑い気温を記録した観測地点もあるぐらいです。



今回ヨシロー宅の最近の気温、室温、湿度の変化を記事にします。


ヨシロー宅のスペックは、
建坪 33坪
UA値 0.56(HEAT20 G1)
気密測定未実施
第1種換気システム(三菱ロスナイ)


広島
5/18(金)
最高気温 26.0℃ 最低気温 19.4℃ 最大湿度 92%


AM7:00は確認していませんでした…
PM11:00
リビング温度 25.0℃ 湿度 61%
  寝室温度 25.3℃ 湿度 60%


5/19(土)
最高気温 21.2℃ 最低気温 13.3℃ 最大湿度 67%


AM7:00
リビング温度 22.5℃ 湿度 50%
  寝室温度 22.8℃ 湿度 52%
PM11:00
リビング温度 23.9℃ 湿度 45%
  寝室温度 24.3℃ 湿度 46%


5/20日(日)
最高気温 25.4℃ 最低気温 10.6℃ 最大湿度 67%


AM7:00
リビング温度 21.1℃ 湿度 45%
  寝室温度 21.5℃ 湿度 46%
PM11:00
リビング温度 23.5℃ 湿度 45%
  寝室温度 23.8℃ 湿度 45%


5/18は強烈な雨により最大湿度92%と高値を示しましたね。また、気温も下がることがほとんどなく、かなりムシムシしていました。広島の5月の平均気温が19℃ですから、最高気温26℃はかなり高い温度ですね。(ちなみに5/17は最高気温28.2℃)


湿度が60%を超えた為、妻、子供の体調のことも考慮し、15時から21時までエアコンによる除湿機能(50%設定)をONしました(^_^;)
エアコンをONにしていると湿度50%前半を推移していましたが、OFFにして2時間経過すると60%まで逆戻りでした。


5/19は最低気温が低かったですが、日中は5月平均気温を少し上回る気温、湿度も低下してとても過ごしやすい気候でした。室内も半袖で過ごすには快適な温度でした。


5/20は最低気温が10℃とかなり低くなりました。例年の5月最低気温が14℃ですから、低くなりましたね。朝の室温は21℃台をキープし、半袖で半ズボンで寝ていましたが、掛布団を被っていると少し暑いぐらいでした。



性能的にはあまり高くないヨシロー宅ですが、この目まぐるしい変化を見せた3日間を快適に過ごせたと思っています。特に5/18の大雨の際には湿度が思っていたよりも上がらなかったことには驚きました。



次回に続く。


下のボタンをポチッとお願いします。

LIXILから新しい窓

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


ネット記事を見てたらこんな記事がありました。


以下住宅新建ハウジングより引用です。


"LIXIL、景色を遮らない新しい窓「LW」を8月発売"


LIXIL(東京都千代田区)は8月、景色を遮るものがいっさいない”新しい窓”「LW(エルダブリュー)」をTOSTEMブランドから発売する。


 上下左右のフレームが室内から見えない「フレームインデザイン」を採用し、1枚のガラス戸を横にスライドさせて袖壁にまるごと引き込むアルミ樹脂複合のスライディング窓。

開けた状態でも閉めた状態でも景色を遮らないノイズレス構造のため、開口部いっぱいに外の景色を楽しむことができる。

また、障子の開けはじめをアシストするハンドルは縦枠に内蔵しており、これも眺望を遮らない。



熱貫流率は1.00W/m2・K(スライディング16522トリプルガラス[クリプトンガス入り]内外Low-eグリーン



以下はLIXILより引用


視界を遮らないフレームインデザイン



開放的で心地よい窓辺と高い断熱性能を両立

アルミと樹脂を融合したハイブリッド構造



LIXILさんはもうアルミ樹脂複合サッシを主体にしていくことなんですかね!?

YKK apさんとは一線を画して、真反対の動きをしている感じですね。


スペインの英雄、イニエスタを日本に多額のお金を払って連れてくる楽天スポンサー、ヴィッセル神戸と

適材適所で、ローコストの年俸でありながら組織としてのサッカーを見せて首位独走のエディオンスポンサー、サンフレッチェ広島ぐらいの真反対ですね

(例えが悪かったですね)



あんな窓あったらいいなって思います。カッコいいなって思いますし、それで断熱性能も良かったら導入したいなって思う人もいると思います。


でも値段が69万円…


高すぎます!!


そして予算の関係で導入できない方をサーモスX、それよりも低性能なサーモスII-Hに誘導するのは予想できます(^_^;)


ヨシロー宅はLIXILの設備を多数導入させていただいてますし、愛着があります。

というかむしろLIXILは好きなんです!YKK ap、TOTO、Panasonicなんかに負けるなって思ってます!


LIXILが悪く言われている現状は正直悲しいです。

でもこうなったのもLIXILの問題なんです。


消費者に不利益になるようなことだけはしてほしくないです!!


片一方の悪口だけを述べるのではなく、自社の商品のメリット、デメリットをきちんと説明して、選択して買えるようになってほしいです。




下のボタンをポチっとお願いします。

仕様(トイレ)

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


今回はトイレについて記事にします。


採用したのはLIXILです!


LIXILばっかりですね(^_^;)笑

ベーシア ハーモLタイプです。ベーシアは業者向けの名前です。

LIXILのトイレで一番の特徴は「100年クリーン アクアセラミック」です。



「汚物」や「水アカ」による汚れというトイレ最大の悩みを解決する衛生陶器、アクアセラミックは「2016年度グッドデザイン賞」受賞商品のなかで、特に優れたプロダクトと認められた「グッドデザイン金賞」(経済産業大臣賞)を受賞しています。

“新品の時の白さ輝きが100年つづく”衛生陶器アクアセラミックは、ユーザーのトイレに対する一番の困りごとである「清掃性」を解決するために開発した衛生陶器です。陶器表面を超親水性にすることで、付着した「汚物」の下へ水が入り込み、浮かして流します。また水アカが固着せず、「便器の黒ずみ」などの水アカ汚れがなくなります。


賃貸では週1回は掃除をしないと黒ずみ汚れが目立ちました。サボったリングも消すために粉末の汚れ落としを頻回に使用していましたね。


アクアセラミックのおかげで掃除は便座、フチ部分が主ですね。便器の中が綺麗に保てるため、お客や自分の家族が来たときにも不快な思いをさせずに済みます。


ヨシロー宅では契約当初はアクアセラミックはまだ発表されていませんでした。ショールーム巡りを始めた際に、営業の方に「アクアセラミックがいいなー」と繰り返しねだっていると、会社が早速標準装備にしてくれました。
言ってみるもんですね(^^)笑


その他の機能に関しては他メーカーと似たり寄ったりなので省略します。



1階は上記の画像と同じベーシア ハーモLを採用。タンクレスにしました。
2階はベーシア シャワートイレにしています。


1階は使用頻度が多いので、おしゃれにしたかったことが一番の要因ですね。まあ大多数の意見と同じです。


タンクレスにすると手洗い場が必要になります。
キャパシアか


コフレルか


どちらもオプションになります。コフレルの方が金額的には安かった(3万円の差)ですが、見た目と収納でキャパシアにしました。




手洗い器は角形を採用。

丸も良かったですが、角形の方がスタイリッシュでした。


2階の収納は埋め込み収納を採用。金額の関係で下部のみつけてもらいました。

(LIXIL HPから引用)



1階のトイレ選びは時間もかかりましたが、その分気に入っています。



次回に続く。


下のボタンをポチッとお願いします。