30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み。家のことだけでなく、生活上の出来事も記事にします!

洗濯室 番外編②

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


洗濯室の番外編です。


ヨシロー宅の洗濯室は2.3帖と部屋は小さいです。
その部屋に数字以上に広い印象を持たせるために、掃き出し窓を設置しています。
窓・サッシはサーモスⅡ-Hです。

低性能窓です。


当初は小さい窓を1つもしくは2つ設置予定でした。窓を開ける予定もなし、隣に勝手口があり、そこから屋外へ出れます。


妻に意見を求めたところ、窓が大きい方が解放感がある!とのことで掃き出し窓にしています。

確かにブラインドを開けると、とても解放感があります。冬は日射取得により暖かくなります。その代わり、夏は朝の陽ざしで少し暑くなります。


また掃き出し窓、低性能窓、洗濯物による湿度上昇…結露が発生するに違いない!と思われますよね。
H30年2月の最強寒波襲来時(広島では最低気温-4℃)でも洗濯室窓に結露はありませんでした。


要因としては洗濯物を干した後はサーキュレーターを回しており、空気が動いています。また、リビングが乾燥しやすく、洗濯室のドアを開けていると加湿器の役割を果たして、水分が移動します。
上記により結露が予防できたと思っています。


毎日の洗濯。炊事と同じで、必ず行っていく家事の一つです。
妻がテンションが上がる色の採用、解放感のある窓を設置することで、家事の大変さが少しでも緩和されるのであれば、妻の意見は聞くべきですね(^^)


次回に続く。


下のボタンをポチッとお願いします。

地震大丈夫でしたか?

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


本日午前8時ころ大阪北部で震度6弱の地震がありました。
関西圏でお住いの方は大丈夫だったでしょうか?


ヨシロー宅のある広島は震度1~2程度でした。


ムラゴンでお世話になっている、nao2さん、くろーばーさん、どたごんさんはお怪我なかったでしょうか?


通勤時間帯、通学時間帯などと重なったため、交通網に大きな影響があり、移動の際も大変であると思われます。
また、人的被害も報告されています。余震により壁、瓦屋根、窓ガラスなどが落下などもあります。


みなさん十分気を付けてください!!

洗濯室 番外編①

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


先週の金曜日に広島県西部地方では夕方より突然の大雨。地域によっては土砂災害もあったみたいです。昼間は晴れていたため、ほんとに「突然」でしたね。
その頃妻は子供を連れて友達の家に遊びに行ってました。大雨が降ってきて友達の一人が、
「洗濯物干してたのに、ビシャビシャになってるだろうな」


普通はこのような会話になりますよね。
でも妻は大雨が降ってきても特に洗濯物に関しては気にしなかったみたいです。


夏にかけて、夕方の突然の雨など予測ができない気象状況になることがあります。特に梅雨時期は晴れた日が貴重であり、朝晴れていたら洗濯物を干して買い物などに出かける方も多いと思います。
洗濯室を設けることによって、上記のような心配をしなくて済みました。


また、ヨシロー宅では妻、娘と女性が2人います。他人の方だけでなく、家族である僕にも見られたくない物があります。
妻の意見としては、「夫にも見られたくない」物は出来るだけ隠して干したいということです。この意見は理解しているつもりでしたが、男である僕には全部を理解していなかったみたです。反省ですね(^_^;)


もし屋外干しで、道路から見られる位置であったら…おそらく自分のだけは屋内に干すだろうな。
雨で室内干しにしても…おそらくタオル、夫の服などは居室、廊下に干して、自分のだけは別の場所に干すだろうな。
などなど考えました。


洗濯室のメリットは単に雨の日にも干せるだけでなく、妻や娘が人の目にさらされたくない物を干しても安心できるということもあるのではないでしょうか!?
洗濯室の位置はヨシロー宅では一番奥になります。ドアも閉めると人から見られることはありません。


そういう意味では洗濯室を設けた意義はあるかもしれません。
あくまでもヨシローの意見ですが。


次回に続く。


下のボタンをポチッとお願いします。