30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み。家のことだけでなく、生活上の出来事も記事にします!

ブログを移転します

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです


皆様にお知らせがあります…


この度ヨシローはブログを移転することにしました。





今後は上記のサイトで続きを書いていく予定です(^^)




このままムラゴンで書いていこうか迷いましたが…
自分自身のブログを作りたいなと思いました。


ヨシローブログを見てみたいなと思っていただけると幸いです。


他のブロガーの記事も拝見して、時々コメントしたいなと思っています(^^)


とりあえずムラゴンはこのまま置いておこうと思っています。


ムラゴンさんお世話になりました(>_<)


今後は下記で更新します

ヨシロー、広島で家を建てる ZEH住宅 – ZEH住宅の住み心地、生活全般のこと



三菱から新しいエコキュート

ブログを移転しました
ヨシロー、広島で家を建てる – ZEH住宅の住み心地、生活全般のこと


おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


三菱電機からこんな記事を見つけました。
「三菱エコキュート新商品発売」


以下抜粋
「三菱電機株式会社は、三菱エコキュートの新商品として、残り湯の熱を回収する「ホットりたーん」機能を搭載した10機種をはじめ、三菱HEMSと三菱太陽光発電システムとの連携で、天気予報などを活用し、夜間わき上げ量 を最適化する計47機種を発売します。
 発売日は、上位機種の「Pシリーズ」9機種が8月31日、「Sシリーズ」21機種と「Aシリーズ」17機種が7月31日です。



・残り湯の熱を回収する「ホットりたーん」機能で省エネ性を向上、年間給湯保温効率4.0を達成


これまで捨てていた残り湯の熱を貯湯ユニットに回収して再利用する「ホットりたーん」機能を搭載、残り湯の熱を翌日の給湯に活用
「ホットりたーん」機能の搭載や断熱性能の向上、ヒートポンプユニットの効率向上により、年間給湯保温効率4.0(当社従来機種は3.8)を達成
これらにより、給湯に使用するエネルギーを当社従来機種比約5%削減し、家庭の消費エネルギーの削減に貢献


・天気予報を用いた夜間わき上げ量の最適化で、余剰電力の自家消費を促進


三菱HEMSと三菱太陽光発電システムとの連携で、天気予報と過去の太陽光発電量データを活用し、夜間わき上げ量を最適化。太陽光で発電した昼間の余剰電力によるわき上げ量を増やし、余剰電力の自家消費を促進し、買電量を削減」


ヨシロー宅では、エコキュートはコロナを採用しています。

三菱は今回、APF4.0を達成。老舗のコロナに並ぶほどの高効率ですね。(ヨシロー宅では3.3の機種を選択しています)


太陽光発電は三菱電機を採用。


この記事を見て、やはりHEMSとの連動を考えて三菱エコキュートにしても良かったな思いましたが、2016年時点ではあまり魅力的ではなかったんですよね(価格にしても、価格にしても…)
太陽光発電の余剰発電の買電金額が33円(2016年度)であり、10年間は保証されます。しかし、その後は買電金額は不透明であり、自家発電による自家消費に移行してしていきたいと考えています。そのため、食洗器、エコキュートは昼間に使用していきたいです。その意味ではヨシロー宅のHEMSと連動できる三菱エコキュートが今では最適かもしれませんね。
その前に蓄電池が欲しいです(*_*)


次回に続く。
がんばろう広島、がんばろう西日本
ブログを移転しました

ヨシロー、広島で家を建てる – ZEH住宅の住み心地、生活全般のこと
下のボタンをポチッとお願いします。

洪水による車水没

ブログを移転しました
ヨシロー、広島で家を建てる – ZEH住宅の住み心地、生活全般のこと


おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


妻の友人が今回の大雨による洪水で車が水没してしまったと教えてもらいました。


その方は新しく家を建てて、そこに引っ越す前に被害に遭ったみたいです。元々住んでいた場所を聞くとハザードマップから近かったと思われます。


車は水没で機能的全損扱いになり、車両保険の契約金額が支払われて、カバーできたみたいです!!


その友人の旦那さんは仕事の場所が変わるたびに保険の見直しをする方みたいなので、もしかしたらハザードマップで危険区域近くで、洪水被害を受けるかもと予想されていたのか?


うちはハザードマップにかかってないし、車両保険の見直しはしなくてもいいだろうと見てみると…なんと最低限必要な車両保険で洪水被害、土砂災害、ゲリラ豪雨などによる浸水で車両保険が出るとのこと(^^)


ヨシローが入っているのは「ソニー損保」です。
その中で車両保険のエコノミー型と安いプランにしていますが、それでカバーできます。それも1等級減で済むので水没してしまった場合、保険を使ってカバーすることも考慮した方が良さそうですね!!


・車の修理費が250万円となった場合


保険金額を超えるため全損扱いとなり、免責金額は差し引かれず保険金額200万円全額が車両保険金として支払われます。


・車の修理費が50万円の場合


全損扱いとならないため、免責金額を引いた金額が車両保険金として支払われます。



最高では200万円近く出るみたいですし、現在コンパクトカーのヨシロー宅では十分な金額ですね。


一般的な保険でも車両保険に入っていればカバーできます!


ただし、雨、台風などによる水没であり、地震による津波には対応していないため、注意が必要です。
また、保険によっては勤務先など、細かく設定するプランもあるとのことです。
あとはそもそも車両保険に入っていなかったら出ません!!


これを機に自動車保険の見直しをしてみても良いかもしれません!


次回に続く。
がんばろう広島、がんばろう西日本


ブログを移転しました

ヨシロー、広島で家を建てる – ZEH住宅の住み心地、生活全般のこと


下のボタンをポチっとお願いします。