30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み。家のことだけでなく、生活上の出来事も記事にします!

室温の変化(6月)

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


昨日はW杯初戦、日本がコロンビアに歴史的勝利しましたね(^^)
戸建てだと叫んでも近所迷惑にならないので良かったです!笑


話しを戻しまして、6月9日に広島で最高気温が30℃超えて31.3℃まで上昇!!
この日は用事のため、家族みんな午前中から不在でした。その際、窓を閉めきってました。


夕方6時ころ帰宅した際に温度湿度計を確認したところ…

右下のHIGHと書いてある気温がその日の最高室温です。27.6℃でした。
その後エアコンをON。冷房にて28℃設定にしていましたが、25.2℃まで室温が下がりました。(その時の屋外の気温は29℃)


LOWの温度は2月下旬にエアコンをOFFした時の朝の温度だったと思います。(はっきり覚えていません)


湿度のHIGHは雨が降って屋外湿度が90%を超えて、なおかつキッチンで調理している時に記録しました。


環境省のまちなかガイドラインによれば、
「気温30℃で日射が直接当たっている日向面をサーモグラフィでみると、およそ50℃とやけつくような暑さになっています。これは、空気より先に地面が熱せられるため、日向では地面からの照り返し(輻射熱)により、実際の気温よりかなり高い温度になるためです。
さらにビルなどの建物に囲まれた場所では、やはり建物が空気より早く熱せられるため、それらの建物から受ける照り返し(輻射熱)で一層、温度が高くなります。」


屋外を歩行していると気温以上に暑さを感じる日でした。
そのため、家に入って思ったことは、「ひんやりしている」でした。


ヨシロー宅のスペックは、
建坪 33坪
UA値 0.56(HEAT20 G1)
気密測定未実施
第1種換気システム(三菱ロスナイ)
エアコン霧ヶ峰


スペックとしては高くありませんが、十分にZEH住宅としての性能を発揮して、屋外の気温に影響を受けにくくなっていました。


次回に続く。


下のボタンをポチッとお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。