30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み。家のことだけでなく、生活上の出来事も記事にします!

洗濯室 番外編②

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


洗濯室の番外編です。


ヨシロー宅の洗濯室は2.3帖と部屋は小さいです。
その部屋に数字以上に広い印象を持たせるために、掃き出し窓を設置しています。
窓・サッシはサーモスⅡ-Hです。

低性能窓です。


当初は小さい窓を1つもしくは2つ設置予定でした。窓を開ける予定もなし、隣に勝手口があり、そこから屋外へ出れます。


妻に意見を求めたところ、窓が大きい方が解放感がある!とのことで掃き出し窓にしています。

確かにブラインドを開けると、とても解放感があります。冬は日射取得により暖かくなります。その代わり、夏は朝の陽ざしで少し暑くなります。


また掃き出し窓、低性能窓、洗濯物による湿度上昇…結露が発生するに違いない!と思われますよね。
H30年2月の最強寒波襲来時(広島では最低気温-4℃)でも洗濯室窓に結露はありませんでした。


要因としては洗濯物を干した後はサーキュレーターを回しており、空気が動いています。また、リビングが乾燥しやすく、洗濯室のドアを開けていると加湿器の役割を果たして、水分が移動します。
上記により結露が予防できたと思っています。


毎日の洗濯。炊事と同じで、必ず行っていく家事の一つです。
妻がテンションが上がる色の採用、解放感のある窓を設置することで、家事の大変さが少しでも緩和されるのであれば、妻の意見は聞くべきですね(^^)


次回に続く。


下のボタンをポチッとお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。