30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み。家のことだけでなく、生活上の出来事も記事にします!

洗濯室 番外編①

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


先週の金曜日に広島県西部地方では夕方より突然の大雨。地域によっては土砂災害もあったみたいです。昼間は晴れていたため、ほんとに「突然」でしたね。
その頃妻は子供を連れて友達の家に遊びに行ってました。大雨が降ってきて友達の一人が、
「洗濯物干してたのに、ビシャビシャになってるだろうな」


普通はこのような会話になりますよね。
でも妻は大雨が降ってきても特に洗濯物に関しては気にしなかったみたいです。


夏にかけて、夕方の突然の雨など予測ができない気象状況になることがあります。特に梅雨時期は晴れた日が貴重であり、朝晴れていたら洗濯物を干して買い物などに出かける方も多いと思います。
洗濯室を設けることによって、上記のような心配をしなくて済みました。


また、ヨシロー宅では妻、娘と女性が2人います。他人の方だけでなく、家族である僕にも見られたくない物があります。
妻の意見としては、「夫にも見られたくない」物は出来るだけ隠して干したいということです。この意見は理解しているつもりでしたが、男である僕には全部を理解していなかったみたです。反省ですね(^_^;)


もし屋外干しで、道路から見られる位置であったら…おそらく自分のだけは屋内に干すだろうな。
雨で室内干しにしても…おそらくタオル、夫の服などは居室、廊下に干して、自分のだけは別の場所に干すだろうな。
などなど考えました。


洗濯室のメリットは単に雨の日にも干せるだけでなく、妻や娘が人の目にさらされたくない物を干しても安心できるということもあるのではないでしょうか!?
洗濯室の位置はヨシロー宅では一番奥になります。ドアも閉めると人から見られることはありません。


そういう意味では洗濯室を設けた意義はあるかもしれません。
あくまでもヨシローの意見ですが。


次回に続く。


下のボタンをポチッとお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。