30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み。家のことだけでなく、生活上の出来事も記事にします!

仕様(トイレ)

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


今回はトイレについて記事にします。


採用したのはLIXILです!


LIXILばっかりですね(^_^;)笑

ベーシア ハーモLタイプです。ベーシアは業者向けの名前です。

LIXILのトイレで一番の特徴は「100年クリーン アクアセラミック」です。



「汚物」や「水アカ」による汚れというトイレ最大の悩みを解決する衛生陶器、アクアセラミックは「2016年度グッドデザイン賞」受賞商品のなかで、特に優れたプロダクトと認められた「グッドデザイン金賞」(経済産業大臣賞)を受賞しています。

“新品の時の白さ輝きが100年つづく”衛生陶器アクアセラミックは、ユーザーのトイレに対する一番の困りごとである「清掃性」を解決するために開発した衛生陶器です。陶器表面を超親水性にすることで、付着した「汚物」の下へ水が入り込み、浮かして流します。また水アカが固着せず、「便器の黒ずみ」などの水アカ汚れがなくなります。


賃貸では週1回は掃除をしないと黒ずみ汚れが目立ちました。サボったリングも消すために粉末の汚れ落としを頻回に使用していましたね。


アクアセラミックのおかげで掃除は便座、フチ部分が主ですね。便器の中が綺麗に保てるため、お客や自分の家族が来たときにも不快な思いをさせずに済みます。


ヨシロー宅では契約当初はアクアセラミックはまだ発表されていませんでした。ショールーム巡りを始めた際に、営業の方に「アクアセラミックがいいなー」と繰り返しねだっていると、会社が早速標準装備にしてくれました。
言ってみるもんですね(^^)笑


その他の機能に関しては他メーカーと似たり寄ったりなので省略します。



1階は上記の画像と同じベーシア ハーモLを採用。タンクレスにしました。
2階はベーシア シャワートイレにしています。


1階は使用頻度が多いので、おしゃれにしたかったことが一番の要因ですね。まあ大多数の意見と同じです。


タンクレスにすると手洗い場が必要になります。
キャパシアか


コフレルか


どちらもオプションになります。コフレルの方が金額的には安かった(3万円の差)ですが、見た目と収納でキャパシアにしました。




手洗い器は角形を採用。

丸も良かったですが、角形の方がスタイリッシュでした。


2階の収納は埋め込み収納を採用。金額の関係で下部のみつけてもらいました。

(LIXIL HPから引用)



1階のトイレ選びは時間もかかりましたが、その分気に入っています。



次回に続く。


下のボタンをポチッとお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。