30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み。家のことだけでなく、生活上の出来事も記事にします!

良い土地は早く無くなる

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


続きです。

間取りを考えながら、土地の選定を行なっていました。



土地は以前の記事にも書いたように

①平地

②駅近

③ハザードマップにおいて問題なし

以上の優先順位で考えてました。


土地の広さに関しては40坪以上あれば言うことなしにしました。



学校近くの条件については今回除外しました。



新興団地であれば子育て世代が集まる可能性があり、集団登下校が可能ではないかと考えたことが大きかったですね。


自分が子供の頃は登校は基本的には班行動をしていたので、そのような地域であれば安心と思っています。



そんな中土地に関しての情報が!!




良い点

①平地

②JR駅徒歩10分以内

③学校も徒歩10分以内

④ハザードマップも大丈夫

⑤メイン道路までのアクセスも良好

⑥41坪で値段も予算内、正方形に近い形、南東向き

⑦憧れた廿日市駅北口の通り…から少し離れた位置



悪い点

①メイン道路から流れてくる車が多い

②目の前が二車線道路(小さい子は危ない)

③隣が銀行の駐車場

④新興団地ではない



上記の情報が入ってきました。




悪い点で気になったのは、二車線道路が目の前にあることでした。騒音、危険というのが気にかかりました。


しかし、憧れた廿日市駅周辺であり、駅も学校も近いというのはかなりの高評価!また土地の形も正方形で、値段も予算内!



これは契約しようと思ってすぐ連絡、確保をお願いしようと思ったら…



「あるメーカーで建てる予定の方が契約するみたいです。ああいう良い土地が出たら、すぐ建売メーカーが確保するが、今回は個人のお客様でしたね。タッチの差でした。」



え…!?



そんなことってあるの…



良い土地はすぐ無くなりますと言われてはいたが、こんなに早く…



今では縁がなかった、ニ車線道路が目の前だと危なかったなと今では思いますが、あの当時はなかなか立ち直れなかったですね。



他のブログも拝見していると土地って運とタイミングだなとつくづく思わされました。



次回に続く。




下のボタンをポチッとお願いします!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。