30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み。家のことだけでなく、生活上の出来事も記事にします!

ICはオプション②

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


午前3時からサッカーW杯見てましたが、残念でしたね…

FIFAランキング3位のチームをここまで追い詰めたのは素晴らしいです!

ありがとう日本代表!!


前回の続きです。


まずヨシロー宅では何を軸に決めていくのかを考えました。


やはり床材、建具を決め、それに合うように壁紙、キッチン周囲などを選んでいくのがいいのではないか?となりました。


色々な考え方もあると思いますが、一番目につきやすいアクセントクロス、照明などを際立たせるために、床、建具の色は重要と思っています。


床に関しては、家具等で隠れてしまうため、ある程度主張する色を!
建具に関しては、壁紙と一体化することで主張しない色を!と考えました。
リビング入口の建具の色はホワイトでアクセントクロスから浮く感じがあります。これは、建具のガラス面の形をこだわったため、ここは主張させたいなと思いました。

こんな感じで決めていきました。


wood oneからPanasonic、サンゲツとその都度担当者に自分たちの思いを伝えていきました。


・ICがいないメリット
自分たちの感覚で決めれる


・ICがいないデメリット
自分たちの目指す方向性をそれぞれの担当者が理解してくれない可能性がある。


会社も違う、年齢も違うなどなど…自分たちが「A」と伝えても「B」として受け取られてしまう可能性があります。
違う会社で、違うことを選んで、それを最終的に一つの空間にしていく時に「客観性」がないのはとても不安でした。
そして一貫して自分たちの方向性を持ち続けることはかなりしんどいことです。
まあ考えすぎなのかもしれませんが。


ICさんがいることで的確なアドバイスがもらえると思います。
これから建てる方々はICさんとともに色々悩んでください(^^)


次回に続く。


下のボタンをポチッとお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。