30歳、広島で家を建てました。 ZEH住宅の住み心地

ZEH住宅を建てるまで、住んでからの住み心地をブログにします。 2016年12月引き渡し済み。家のことだけでなく、生活上の出来事も記事にします!

憧れた場所

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。



前回の記事で迷っていた平地か山側の土地。

やはり平地の方が暮らしやすいと判断しました。



それから色々な場所を検討して、ある場所が最上位となりました。



皆さま廿日市市という場所はご存知でしょうか??

広島県西部に位置し、あの宮島がある市です。

(Wikipediaより引用)


その中でJR廿日市駅北口では平成12年より区画整理事業が行われていました。


平地で学校、駅近であり、新しくスーパーが建設予定、区画整理されて町並みはとても綺麗でした。ハザードマップでも大丈夫そう!



そして駅近くに新しくマンションが建つとのこと。完成予想図をみると、とても綺麗で、すぐ隣には医療モールができる予定。



「場所も最高だし、ここにしようかな」

そう思いましたが…



マンションのモデルルームってオプションだらけなんですよね。(戸建も一緒だが…)

見た目でかなり騙されました。



しかも、駐車場の料金がかかる!

最低5千円から1万円程度…


35年で考えると、ローンとは別に駐車代210万から420万円必要になります…笑

通勤は電車だから良いけど、休日ドライブが好きな僕は車必須の人間です。これは死活問題。

それプラス管理費…


部屋も70㎡がほとんどで、収納が少ない。



憧れた街での生活が目の前にありましたが、冷静になってマンションは無しにしました。



そもそも隣上下の人へ気を遣いながら

生活なんて耐えられない!



そうして戸建一本で考え始めました。


このあとの話はまた次回








下のボタンをポチッとお願いします。

広島の土地③

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


前回の話ではJR近くの住宅、土地を第1希望に考えていくことで決定しました。


次に考えたのは平地にするかどうかです。


広島は山と海に囲まれており、平地がとても少ないです。


広島で有名な「こころ」と「春日野」という住宅地はどちらも山にあります。

綺麗な街並みに憧れましたが、今後を考慮すると対象から外しました。(冬は雪積もりますし…)



広島の平地は埋め立て地が多く、地震が起こった時の液状化、地盤沈下などなど問題となることも多いです。



瀬戸内海は南海トラフ大地震での津波の心配もあり、ハザードマップ、津波浸水予想(H25.10)等を確認、また犯罪発生状況も確認しながらある程度絞り込みを行う必要があります。



平地であれば今後のことを考慮すると移動が楽になりますが、津波の心配も出てきます。


山側であれば津波に対しては安心できますが、移動が大変になります。



この部分は悩みに悩みました…




このあとの話はまた次回




下のボタンをポチッとお願いします。

広島の土地②

おはようございます、こんにちは、こんばんは!ヨシローです。


僕が住んでいる場所は広島県でも西部地区になります。これからのお話は東部、北部の事情とは異なります為、予めご了承ください。


僕は移動の際に車を利用することが多いです。

高齢者になった時、またケガや病気などでいつ運転が出来なくなるか分かりません。その為、移動手段の確保は大事と思っています。



広島の公共交通機関はJR、広島電鉄(路面電車)、アストラムライン、バス等です。



広島の土地は川に囲まれている為、地下鉄が通せないと言われてます。(地盤が弱いからとか色々言われてますが、恐らく工事費の問題)


それにより路面電車が発展しましたが、市内線は車と同じ信号機で運行する為、時間がかかりすぎます。


また市内中心部から環状線にアストラムラインが計画されましたが、工事費の問題で途中でストップしています。



その中でJRは主要駅までの移動時間も短く、早朝から夜中まで運行してます。

またJRの駅は広島電鉄、バスの乗り換えにも便利になってます。



上記のことから住宅、土地選びではJRの駅近くが第1条件になりました。



このあとの話はまた次回




下のボタンをポチッとお願いします。